外壁塗装工事はどこに依頼すべき?業者選びについて

外壁塗装を行う際は、業者選びがそれ以上ないぐらい重要です。
塗装の質は塗料のグレードだけではなく、業者の腕前や良心によって決まるのです。
業者ごとの体質の他、大手か地元業者かということも1つの選択基準になります。

 

大手業者


外壁塗装の業者を選ぶ時にまず考えることは、大手業者に頼むか地元の塗装業者に頼むかということでしょう。
実は大手の業者は自社で職人を雇っておらず、実際に施工をするのは地元の塗装業者です。

 

そのため大手業者に依頼すると、工事が何重にも下請けに出される場合が多く、多くの中間マージンがとられ、価格は高くなります。
また、実際に施工を行う下請け業者にはあまりお金が入らないため、資金難から手抜き工事が行わることもあります。
しかし、大手であるため話にならないほど品質が悪いという場合は比較的少なく、保証も充実しています。

 

地元の塗装業者

 

地元の塗装業者では価格は安くなる傾向がありますが、自社の一存で自由に価格設定ができてしまうため、たちの悪い所では法外な見積りを出す所もあります。
地元業者では中間マージンの問題がないので、材料費や人件費に十分や資金を充てることができ、そのためとても質の高い塗装をしてもらえるチャンスがあります。
ただし、監視役の元請け業者がいないので、工事の方針も自社で自由に決めることができ、施工業者の体質が工事の質に直結します。
良心的な所に依頼すればすばらしい工事をしてもらえますが、悪質な業者はどこまでも手抜きということになります。

 

各業者の良し悪しの見分け方

 

担当者に施工に関する質問をして、しっかり答えてもらえるかどうかを確認しましょう。
具体的には、実際に工事を行うのは誰で、その業者の実績はどうかということ。

 

その業者が塗装工事業の建設許可を持っているか、所属する職人が国家資格である塗装技能士の資格を持っているかどうかも確認するといいでしょう。

 

塗装技能士には3つ階級があり、特に1級塗装技能士がいる業者が安心できます。
具体的工事内容について、下、中、仕上げの3度塗りをしてくれるか、塗料の種類はどうか、なども訊いてみましょう。

 

塗装の保証も重要です。
こうした質問に真摯に答えてくれない業者は信用しない方がいいです。
また、費用すべて込みの定価であるとか、工事の一部を無料サービスで実施するとか、モニター価格で実施するというのはリップ・サービスである場合も多いので、鵜呑みにしてはいけません。

 

大手業者は何重にも仕事を下請けに出しており、中間マージンによって、実際に工事を行う塗装業者が資金難におちいりがちです。
そのため、本当にいい仕事をしてくれるのは地元業者に多いはずですが、悪徳な所もまた多いです。
いずれにしても、工事内容を質問したり、関係する資格や許可を持っているか確認して、その業者が信頼できるかどうかをチェックするようにしましょう。