そろそろかな?と思った時にやっておきたい外壁塗装まとめ

家屋は時間が経てば必ず劣化します。
そこには外壁も含まれます。

 

外壁は外界から自分の家を守る大切な役割を担っていますし、外観に一番影響が大きいのも外壁です。
建物を守り、美しく保つためにも定期的な外壁塗装を実施しましょう。

 

外壁塗装とはどんなものか? いつ行うべきか?

壁

 

外壁塗装とは、その名のとおり家の外壁を塗装することです。
ただし、実際には外壁だけでなく屋根、基礎、軒などの様々な部分の塗装を含みます。

 

外壁にはモルタル、タイル、レンガ、コンクリートなど様々な材質のものがありますし、外壁以外の附帯部分は木や金属、プラスチックなど材質が一層多様になります。
こうした材質の違いや、予算、耐久性の違いなどによって塗料も様々なものを使いわけます。

 

また、塗装前の外壁のクリーニングなどの工程も外壁塗装に含まれます。
時期については、外壁にひび割れや剥離が出て来たり、カビが生えたり、壁をさわって塗料が手に移るようになったら劣化のサインなので、塗装を行うといいでしょう。

 

ですが、もし目立った劣化がなくても、塗料の耐用年数を考えると10年に一度は塗り替えた方がいいとされます。

 

外壁塗装の必要性とメリット

メリットの1つ目は家の外観が美しくなることです。
どんな立派な家であっても、外身が汚れて古臭くてはあまり見栄えがしません。
カビやひびなどの目立つ家も、外壁を塗装すれば見違えるようにきれいになります。

 

次に大事なのは家の耐久性を高めることです。
主に風雨と紫外線から建物を守ります。

 

その結果雨漏りも防げますし、水が染み込むことによる壁や建物内部の劣化も防ぎます。
外壁塗装は屋内の温度調節にも役立ちます。

 

これは、塗装による断熱効果と直射日光による温度変化の軽減効果のためです。
夏は涼しく、冬は温かい環境が得られます。

 

外壁塗装のデメリット

特にデメリットというものはありませんが、強いていえばそこそこお金がかかります
費用は場合によるのですが、100万円程度は覚悟しておくべきです。

 

もちろんそれより高いこともありますし、安いこともあります。
また、工事に際して近所に気をつかうこともあげられます。

 

そんなにひどくはありませんが、まず塗料の匂いがします。
塗料や洗浄用の水が飛ぶこともありえます。

 

その他の工事と比べると騒音は少ないですが、足場を組む時と解体をする時にいくらか音もします。
近所にはあらかじめ挨拶をし、業者にもきっちり対策をしてもらうと言いでしょう。

 

家を大事にしたいなら、寿命を伸ばし美観を保つために定期的な外壁塗装がおすすめです。
多少お金はかかりますが、その他のリフォームと比べたら高いことはありません。