おしゃれさを追求したい人におすすめの外壁塗装の例について

外壁塗装を行う時、せっかく塗り替えるんだから自分の家をもっとおしゃれにしたい、と考えるのはいかにも自然なことです。
これを実現するにはいくつかのやり方がありますから、じっくり考えて満足のいく塗装を実施してください。

 


おしゃれな外壁塗装を行う最も基本的な方法は色を選ぶことです。
よく使われる色はベージュやブラウンで、これは落ち着きがあって周囲とも調和しやすいすぐれた選択肢です。

 

しかしさらなるおしゃれを目指すためには、もちろん他の色を選ぶこともできます。
たとえば白、ブルー系、グリーン系などの色に塗装する家もあります。

 

ただし、真っ白や真っ黒の家は汚れが目立ちやすいこと、
ブルーやグリーンなどの鮮やかなものは色あせが目立つことは頭に入れておくといいでしょう。
サイディングの色を塗り替える場合は、赤くしてレンガ風に見せることなどもできます。
色以外についても言えることですが、塗装のデザインを考える時は近所の雰囲気に合うかどうかも考慮しましょう。

 

ツートンや3色に塗り分ける

 

おしゃれな外装を目指す時、よく行われるやり方は家をツートンカラーに塗ることです。
ツートン塗装は、家をおしゃれで個性的に見せるのに大変有効です。

 

上下で塗り分けたり、部分ごとに塗り分けるのが普通ですが、中には帯上に別の色を塗る建物などもあります。
ツートンにする場合に限りませんが、どのように塗り分けたらどんな印象になるかということを知るためには、できあがりのイメージ画像を見るのが確実です。
なるべくなら、そのような画像を作って見せてくれる業者を選びましょう。

 

色を塗り分ける場合ツートンだけでなく外壁を3色に塗るという選択肢もあります。
あまり色が多いと無節操になるので、色の数は3つまでに抑えるのが無難です。

 

つやの強さ

 

塗装では色調だけでなく塗料のつやの強さも選ぶことができます。
つやがあるとぴかぴかした新しく晴れやかな印象になり、逆につや消し塗料ではシックで落ち着いた印象になります。
つや消し塗料はマットなどと呼ばれることもあります。

 

つや消しを選ぶ場合、地味な色を選ぶと暗い雰囲気になるので、やや明るい色を選ぶのがいいと言われます。

 

なお、現状最も普及しているシリコン塗料はそのままではつやがあるので、
つや消しにするためには特別な処理が必要になり、少しだけ価格が上がります。
とはいえ、大きな違いではないのであまり心配することもないでしょう。

 

ベージュやブラウンなどの基本的な色でも十分にきれいな家を実現することが可能です。
しかし一歩先のおしゃれを追求するならば、ブルーやグリーンなど他の色を使ったり、
色を塗り分けたり、塗料のつやにこだわるという工夫によって、オリジナリティのある外観を手に入れることができます。